Pocket

私達が15年間店を続け、ブログを5年間続けてきて、たくさんの質問やお問い合わせをいただきました。

その中からお伝えします。

Q :

今度、外資系の化粧品会社に転職することになりました。

これまでの職場では自由な服装でよくて、カジュアルな服が中心でしたが、面接に行った時、女性社員が殆どジャケットを着て仕事をしていたので、私もジャケットを買おうと思っています。

買う時どんなことに注意して買えばいいのか教えていただけますか?

A:

外資系の会社では、暗黙のルールでキリッとしたジャケットを着用してる人が多いようです。

ただし、スーツではなく、ワンピースやスカートの上にジャケットという着こなしですね。

20160207141052

知的な印象や信頼感を得るためにはジャケットが必須アイテムだと思います。

日本では、いつのまにかビジネスの装いもカジュアルダウンされすぎて、男性もノーネクタイだったりしていますが、やはり世界を見渡すと服にもルールが存在するんですね。

そして、キチンとルールを守れる人たちしかグループに入れない社会も存在するのは事実です。

「ジャケットを着てるとキッチリしすぎる」と言われる方にお話するのは「着こなし方を変えてください」ということです。

堅くなり過ぎないように少しくだけたワンピースなどと合わせたり、インナーにTシャツを持ってきたりすると雰囲気はグッと柔らかくなります。

20160207141420

袖をまくったり、アクセサリーで遊びを加えたり、インナーをプリントのシャツやTシャツにしてアレンジを加えてみてください。

 

20160207144701

「働く」ということは、ある意味戦場で戦っているのと同じです。

ビジネスの場はファッションをアピールする場ではないので、流行り廃れも関係ない長く着れる上質のジャケットをお選びください。

仕事で每日着るからこそ「いいもの」を着て、だれからも一目置かれる人になりたいものですね。

20160207143958

最後にジャケットをお求めの際の注意点として2つほどあげさせていただきます。

 

第一には

「たくさんのご試着」をオススメします。

十分すぎるくらいの試着が必要です。

なで肩の人は必ず肩パッドを入れて肩線がしっくりくるものをお選びください。

ジャケットは「肩で決まる」といっても過言ではないくらい肩線が重要です。

肩線から腕がはみ出たり、肩が落ちてるように感じたら、そのジャケットは似合わないジャケットです。

どんなに気に入ったものでも、あきらめてください。

次に、試着した時に前のボタンを閉めた状態で両腕を上げてみて、腕が上がらないほどのきつさがないものをお選びください。

ボタンを閉めて前に引っ張って、拳ひとつが入るくらいがちょうどいいと思います。

着てみて違和感があるなと思ったものは、値段が安くても絶対に買ってはいけません。

安物買いのなんとやらになってしまいます。

最後になりますが、動きのある仕事をされていらっしゃるのであれば、ストレッチ素材のジャケットが便利です。

また、一枚目でしたらネイビーか黒ですね。

お店のスタッフの方とご相談してお決めください♪

「仕事ジャケットでその人の力量がわかる」という方もいらっしゃいます。

良いジャケットをお求めくださいませ。

 

ブレンドオではメルマガを
発行しています。

現在3日に一度の配信となっています。

売り込みなどはありませんので、
お気軽にご登録してください♪

ただいま、メルマガにご登録いただくと
「40代50代の女性が
いつまでも若々しくいる
ためのノウハウ集」
をプレゼント中です♪

登録はこちらからどうぞ

↓バナークリックでご登録↓


↑ バナークリックでご登録 ↑

よろしくお願いいたします。

 

わからないことや、
なにかお話したいこと。
なんでもけっこうです♪
お問い合わせはこちらから
お願いします。
熱烈募集中です

↓↓↓ここをクリックしてください↓↓↓

高取玖未への質問・お問い合わせ

 

Pocket