Pocket

こんにちは。

ブレンドオの高取です。

 

 

最近は印象操作という言葉が
ひとり歩きして
今年の流行語大賞になるような
勢いですが、
今日は色の印象操作についてです。

色が人に与える心理効果
ファッションに携わっている人は
色が人に与える心理効果を
だいたい知っています。
ファッションだけでなく、
インテリア、デザインなどにも
重要なポイントになります。
重厚で高級感あふれる
イメージにするのか。


リーズナブルで、
トレンド感を先取りした
イメージにするのか。

 

 
ファッションの場合だと、
相手にどう見られたいのかで
色を使っていきます。
色は、反射した光の波長です。
これが視覚から脳に信号として
刺激を与えるからこそ、
心は色に反応するといわれています。

 
赤は情熱を。

 

イエローは協調性を。

ネイビーは誠実さを。

ブルーは集中力と、鎮静効果を。

黒は威厳と高級感を。

ピンクは愛情ややさしさを。

緑は癒しと安らぎを。

オレンジは陽気さを。

パッと見ただけで、
つまり、考えないで、
相手は印象操作されます。

使う色で相手の反応が変わる
昨日離党届を出した
女性衆議院議員は
ピンクを好んで使っていました。


ピンクは愛情の色。
女性議員は意識的に
ピンクを使っていたというより
好きな色として、
また、くすんだ顔の色をカバーするために
使っていたと推測されます。
ピンクが好きな人は
ロマンチスト。
少女の一面を持ち続けている人です。
でも、女性議員の過ちは
好きな色を仕事に使ったことです。
政治家として
ピンクを使うということは、
相手にナメられてもいいと
言っているようなものです。
秘書に対して、
命令や指図しなければいけないのに、
服の印象操作は言葉と裏腹に
やさしくしてねと
言っていたわけです。
好きな色を
仕事で服に使ってしまうと、
自分が知らないうちに
印象操作されてしまうのです。
どの色を使えば
どうなるのか。
専門家が教えておくべきでした。
色というのは
それだけ簡単に
印象操作されてしまうのが
わかっていただけると思います。

戦略的に色を使う方法
さて、
仕事で戦略的に色を使う場合、
たくさん使ってしまうと、
インパクトがありすぎるので、
全体の1割か2割くらいにします。
いつもの
服に少しプラスします。
男性はネクタイやシャツに。
女性は、スカーフやブラウスに。


頭の隅に入れてください。

[ブレンドオ公式LINE@]
無料着こなし相談も開催中です★
スマホの方はこちらから登録してください。
https://line.me/R/ti/p/%40jlp3366y
PCで見ている場合は、
スマホでLINEを開いて
「@jlp3366y」をID検索
(@をお忘れなく)してください。

お問い合わせ、ご要望はこちらから

お願いします。
24時間365日受け付けています♪

↓↓↓ここをクリックしてください↓↓↓

高取玖未へのご要望・お問い合わせ

ネットショップも人気です♪

 

ブレンドオ通販ショップ

 

ブレンドオではメルマガを
発行しています。

ただいま、メルマガにご登録いただくと

「40代50代の女性が
いつまでも若々しくいる
ためのノウハウ集」
をプレゼント中です♪

登録はこちらからどうぞ

クリックするとフォームが開きます。

お名前とメールアドレスを

ご記入していただくと

簡単にご登録ができます♪

お気に召さない場合も簡単に解除できます。

売り込みなどはありませんので、
お気軽にご登録してください♪

↓バナークリックでご登録↓


↑ バナークリックでご登録 ↑

よろしくお願いいたします。

Pocket