ニットとカットソーの違いって知ってますか?

Pocket

こんにちは。ブレンドオです。

今日はニットの日。

「ニ(2)ット(10)」の語呂合わせだそうです。

神奈川県の編み物教室、編み物学校で組織している
横浜手作りニット友の会が、
編み物の普及を目指して1988年(昭和63年)に制定。
1994年(平成6年)には
全国的な記念日として
日本ニット工業組合連合会も制定されました。
さて、最近よく質問があるのが
カットソーとニットの違いについて。
ニットは編んだもの全般を指します。

編み立てられて作られたものです。

カットソーは
カットアンドソー(cut and sewn)

つまり、
切って(裁断して)、縫う。

いわゆるTシャツみたいに
伸びる素材です。

 

カットソーかニットか
わからないときのチェック
カットソーかニットか
わからないときは
内側の縫い目を見ると一目瞭然!
ニット製品は縫い目がコロッとしています。

カットソー製品は縫い目が

ロックミシンをかけた感じです。

これですぐわかります。

カットソーもニットも
Tシャツだけでなく
ワンピースやジャケットも
あります。
ブレンドオのオリジナルジャケットは
カットソー。

毎年これからの季節に大活躍します♪

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご要望はこちらから
お願いします。
24時間365日受け付けています♪

↓↓↓ここをクリックしてください↓↓↓

高取玖未へのご要望・お問い合わせ

 

 

ネットショップも人気です♪

ブレンドオ通販ショップ

 

 

 

ブレンドオではメルマガを
発行しています。

ただいま、メルマガにご登録いただくと

「40代50代の女性が
いつまでも若々しくいる
ためのノウハウ集」
をプレゼント中です♪

登録はこちらからどうぞ

クリックするとフォームが開きます。

お名前とメールアドレスを

ご記入していただくと

簡単にご登録ができます♪

お気に召さない場合も簡単に解除できます。

売り込みなどはありませんので、
お気軽にご登録してください♪

↓バナークリックでご登録↓


↑ バナークリックでご登録 ↑

よろしくお願いいたします。

Pocket

ツールバーへスキップ